【Webライターの仕事内容を解説】なり方や必要なスキル、向いている人とは?1日の流れからやりがい、平均年収まで徹底紹介

作成日:
2022-01-13
カテゴリー:
秘書,職種研究

はじめに

皆さんはWebライターという職種をご存知でしょうか?

昨今のデジタル化によりスマホやタブレットが急速に普及した影響で多くの人がデジタルデバイスを使って文章を読む機会が多くなりました。

そのため多くのブログやネット記事が乱立し、それだけWebライターの需要も高まっているのです。

本記事ではそんなWebライターの職種研究を行っていきます。

職種研究を通して自身にWebライターの仕事があっているのかを見極めましょう。

Webライターとは

Webライター,職種研究

昨今スマホやタブレットの普及によって私たちの生活にネットメディアは深く関わりがあります。

これまで新聞で情報を収集していた人も今ではスマホやタブレットを使ってネットから情報収集している人も少なくありません。

ネット上の様々なサイトの文章を作成しているのがWebライターです。

こちらではWebライターが具体的に何をしている職種なのか、そのやりがいや苦労などを紹介していきます。

Webライターは何をする?

Webライター,ビジネスモデル

WebライターはWebサイトに掲載する記事の執筆を行う仕事です。

Webサイトといってもその種類は多岐にわたり、企業の商品紹介記事やコラム記事、個人が運営するブログの記事執筆などがあげられます。

具体的な流れとしては上記の通り、顧客からの依頼を受けて記事の構成や文章を執筆してそれを納品するまでが仕事です。

案件によっては構成作成を行うWebライターとその構成をもとに記事を執筆するWebライターに分かれている場合もあります。

また記事を顧客が利用するCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)というWebサイトの構築、管理、更新ができるシステムを使う機会が多いです。

Webライターのやりがい

Webライターは自分自身が手掛けた記事がサイトに掲載されて評価をもらえればとても大きな達成感を得られることが出来ます。

またWebライターは自分が知らないテーマについて執筆する機会があり、その執筆のための情報収集を通じてたくさんの知識がつくこともやりがいです。

Webライターの苦労

Webライターの苦労することとしては記事単価の幅が広く収益が安定しにくいことです。

特にWebライターになりたての場合は1文字あたりの単価が0.1~0.5円ととても低い案件を受ける場合が多くなります。

そのため初心者Webライターはたとえたくさん執筆しても多くの収益を得ることが難しいです。

また慣れていないと1つの記事を執筆するのに多くの時間を費やしてしまい時間単価が低くなりやすいため高品質でスピーディーな執筆が求められます。

Webライターの平均年収

Webライター,平均年収
出所:求人ボックスフリーランス白書2019を基にシューブン編集部作成

正社員のWebライターとして働く場合の平均年収は約460万円で、フリーランスとして働く場合の平均年収は約200万円~300万円です。

正社員の場合は基本給が決められている場合が多いため安定的ですが、フリーランスの場合は完全に実力や執筆した記事数に比例して収益が得られます。

そのためコンスタントに執筆し続けることがフリーランスでの収益確保には重要です。

Webライター1日の流れ

Webライター,1日の流れ

Webライターの業務のほとんどが執筆や執筆のための情報収集などです。

特に執筆にはあまり時間がかからずどちらかといえば情報収集の時間がとても長くとられています。

Webライターは企業によっては時間が決められている場合もありますがそのほとんどが時間に縛られない自由度の高い職種です。

そのため人によっては夜にも執筆作業を行う人や、業務開始を遅くに設定することもできます。

また契約形態によっては完全歩合制の場合や時給制の場合があり、それぞれで時間の使い方も変わってくるでしょう。

どんな人が向いている?

Webライター,職種研究

では実際Webライターに向いている人はどのような人なのでしょうか。

職種研究においても自身が向いているのか考えることは重要です。

こちらではWebライターにどんな人が向いているのか紹介していきます

リサーチが上手い

リサーチが上手いことはWebライターになるうえで特に重要なことです。

文章力が優先されがちですが、有益な情報についてライティングを通して伝えるには正しい情報の取捨選択をして文章にする必要があります

また依頼された文章のテーマが自分の知らないものである場合にはしっかりと情報を収集して伝えるために自分の中で情報を整理する必要があるのです。

そのためリサーチが上手いことはWebライターに向いている特徴といえるでしょう。

一貫性がある

一貫性があることは記事執筆においてとても大切です。

記事執筆ではユーザーにどんな情報を読んでもらいたいのか目的をしっかりと持って執筆する必要があります。

伝えたい内容に一貫性がなくブレブレな内容を書いてしまうとユーザーからの信頼を得られません。

伝えたい情報に一貫性をもって執筆が出来ることはWebライターに必要です。

伝える力がある

顧客に情報を販売する業界の職種全般に通じるものですが伝える力があることはとても重要です。

特にWebライターは文字を使って情報を伝えることで収益を得るため他の業種以上に伝える力は重宝されます。

伝える力があれば自分が伝えたい情報や商品の魅力をより多くの人に届けることが出来るのです。

そのため伝える力があることはWebライターとして働く際に大きく役立つ特徴といえるでしょう。

Webライターで求められるスキル・資格・マインド

Webライター,職種研究

職種研究をするうえでその仕事に求められるものがどんなものなのか理解することは重要です。

どんなものが必要とされているかを理解することでその職種を目指すための準備に役立てましょう。

こちらではWebライターに求められるスキルや資格、マインドについて紹介していきます。

スキル

Webライター,職種研究

こちらではWebライターに求められるスキルは以下の通りです。

  • 基本的な日本語文章能力
  • ニーズを理解する力
  • 取材、情報を収集する力
  • SEO知識

1.基本的な日本語文章能力

Webライターの必要最低限なスキルとして基本的な日本語文章能力が求められます

書く仕事を行うのであれば中学・高校レベルの国語力が必要です。

この力があれば最低限人に読まれる文章を書くことが出来るためWebライターとしての仕事を受けることが出来ます。

逆に言えば最低限な日本語文章能力を持っていないとWebライターの仕事をすることは難しいです。

2.ニーズを理解する力

ニーズを理解する力はWebライターとして働くうえで重要なスキルです。

記事を読む人が何を求めているのかを理解して執筆することでより高品質な記事を作成することが出来ます

また依頼主の意向を反映させた文章を書くこともWebライターの仕事です。

依頼主のニーズに答えるための理解力が求められるスキルとなります。

3.情報を取捨選択する力

記事を執筆するうえで最も大切なことは取材や情報収集をしてそれらを取捨選択する力です。

記事はただ事実を執筆すればいいわけではありません。

必要な情報とそうでない情報を取捨選択して文章にすることで伝えたい情報をしっかりと盛り込んだ記事を作成出来るのです。

記事を作成するうえで執筆する時間と比較しても情報収集する時間は多いため、効率的に情報収集ができる人はWebライターとしても活躍しやすいでしょう。

4.SEO知識

SEO知識はWebライターをするうえで求められることの多い力です。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称で、検索エンジンの最適化の意味をもちます。

このSEOを意識した執筆が出来ると、検索した際に上位に表示されやすくなり、閲覧数増加の可能性が上がるでしょう。

そのためSEO知識があることはWebライターとしてとても役に立ちます

上位に表示されやすい記事を執筆し続けることが出来れば顧客からの信用も得られるのです。

資格

Webライター,職種研究

Webライターを始めるうえで必須の資格はありませんが、あれば有利に働く資格はあります。

Webライターはフリーランスや副業として働く人が多いです。

そのため目に見える実績がないときに資格はその役割を果たしてくれます。

Webライターとして働くうえで役に立つ代表的な資格は以下の通りです。

  1. Webライティング能力検定
  2. WEBライティング技能検定
  3. 日本語検定
  4. ビジネス著作権検定

ライティングやコンプライアンスに関する資格があれば顧客からの信用材料としては十分といえます。

もしフリーランスでWebライターを始めようと考えている人はこれらの資格を取得しておくと比較的高単価の案件も受けやすくなるのでおすすめです。

マインド

Webライター,職種研究

Webライターを行ううえでの必要なマインドは以下の通りです。

  • 好奇心があること
  • 継続できること

1.好奇心があること

Webライターを行ううえで好奇心が強くあることはとても重要です。

執筆依頼の中には自身が経験したことがないものや、あまり知識のない商品を紹介する記事を執筆する場合があります。

そんな時に好奇心があればその商品やテーマに対して勉強をしっかりとすることが出来るでしょう。

つまり好奇心がないとWebライターは務まらないと言えます。

2.継続できること

Webライターは1記事あたりの単価の幅は広く、低いものだと1文字あたり0.1円未満のものもあります。

しかし単価が低くても継続して執筆を行わなければ文字単価も上がりません。

執筆を継続して着実に実績を上げられる人がWebライターとして成果を出せるのです。

そのためどんな状態でも継続して執筆できることはとても大切なマインドといえるでしょう。

Webライターのキャリア

Webライター,職種研究

こちらではWebライターになる方法やWebライターのキャリアパスについて紹介していきます。

Webライターになるには?

こちらではWebライターのなり方について紹介していきます。

1.Webライターの求人を行っている会社への就職

正社員のWebライターを募集している会社に就職することはWebライターとして働く方法の一つです。

企業の行うライティングとして主に商品やサービスの紹介を行う記事執筆がメインの仕事になります。

そのため商品調査や市場分析などをより綿密に行う必要があり、1つの記事に対してかける時間は多いです。

また正社員の場合は固定給や時給換算される会社が多くあり、仕事時間も決まっているためコンスタントに収益を得ることが出来ます

2.フリーランスのWebライターとして働く

フリーランスのWebライターとして働くことも一つの方法です。

Webライター自体、始めるハードルが低いため書けば書くほど収益を得られる可能性があります。

難しいのが継続的に案件を得ることでフリーランスの場合は自分で顧客を見つけることが重要です。

最初は案件探しが大変ですが、継続すれば企業側から依頼が来るWebライターになることも可能で場合によっては継続収入を得られます。

フリーランスのWebライターは案件の受け取り方や収益の形も多岐にわたるため、自身に合ったやり方を模索することが大切です。

3.副業ライターとして働く

昨今は副業を行う人も増えており、その選択肢の一つとしてWebライターがあります。

副業ライターを目指す場合はクラウドソーシングサービスなどに登録して自分で案件に応募する必要があるのです。

こちらもフリーランスと同じく自分で案件を探さなくてはなりません。

副業ライターの数も多いためいかに自分をアピールできるかが重要になってきます。

Webライターのキャリアパス

Webライター,キャリアパス

Webライターのキャリアパスとして上図のような分岐が存在します。

1.文字単価アップ

Webライターとしての活動を継続すると文字単価が上がったり文字単価の高い案件を貰えたりする場合があります。

Webライター初心者の場合は文字単価が0.1円前後が多いです。

しかし経験を積み、知識も蓄えることで文字単価が上がっていきます。

0.5円~1円までが通常の文字単価で、それ以降1円、2円と高くなっていくのです。

高単価になってくるとライティング技術だけでなく専門的な知識も求められてきます。

そのためWebライターとしての活動と並行して専門的知識を学ぶことをおすすめです。

2.編集者・ディレクター

Webライターとして実績を積むことで他ライターが執筆した記事の編集、添削を行う編集者、ディレクターになることが出来ます

編集者、ディレクターになるとライターの管理だけでなくメディア管理まで任されることがあり、メディア運営やマーケティングの経験が出来るのです。

3.ライティング講師

Webライターとして様々な技術を吸収し実績と技術を身に着けた場合に他のライターへ文章の書き方を教えるライティング講師になることが出来ます

一般的なライティング技術だけでなく、どう書けば多くの人に見てもらえるのかのノウハウや情報収集のやり方などを提供するのです。

4.メディアコンサルタント

メディアコンサルタントは個人や企業のメディア立ち上げのコンサルティングを行います。

主にWebライター、編集、ディレクターというキャリアパスを経てなるのが一般的です。

メディア集客のノウハウやSEO対策の指導などを行うことで顧客のメディアを手助けします。

メディアコンサルタントになると契約次第でそのメディアの売上の一部を貰うことができるのです。

Webライターの最新動向

Webライター,職種研究

職種研究を行ううえでその職種の動向について理解することはとても大切です。

こちらではWebライターの最新動向について紹介していきます。

1.フリーランス、副業ライターの増加

昨今の働き方改革の影響で副業がOKな企業が増えてきました。

特にWebライターはその始めやすさから多くの人がWebライターを副業やフリーランスで始めているのが現状です。

また昨今のデジタル化で多くの企業がメディアを通して情報発信するようになり、Webライターの需要も高まっています

そのため今後Webライターの仕事は需要が高いまま存続し続けるでしょう。

2.競争に伴う低単価、短納期化

多くの人がWebライター業に参入する影響で案件獲得のための競争が激しくなってきています。

そのため現状低単価で短い納期の案件が乱立しており書いても稼ぎにくい状況が続いているのです。

そのためWebライターを途中で諦めてしまう人が多く、人材が育ちにくい環境が出来ています。

Webライターにおすすめの本

Webライター,職種研究

最後にWebライターになるうえでおすすめの本について紹介していきます。

こちらで紹介する本を読んでWebライターになるための勉強をしてみてください。

沈黙のWebライティング

Webライターという職種においてSEOをしっかりとおさえた執筆が出来ることは売れるWebライターになるうえで必須です

この本ではそんなSEOを中心にWebライティングの基礎を学ぶことが出来ます。

また、この「沈黙のWebライティング」は漫画テイストのストーリー形式となっているため読みやすく初心者におすすめの一冊です。

この本が気になる方はこちら

10倍早く書ける 超スピード文章術

Webライターの多くは記事を執筆してその記事1つに対してお金が発生します。

そのため書けば書くほど収益が上がるのです。

ただ収益を上げるために早く執筆しようとしてもうまく出来なかったり、質の低い記事になったりしてしまいます。

この本は記事の品質を落とさずに速い執筆のやり方や考え方について紹介されており、初心者だけでなくもっと稼ぎたいと考えている人におすすめです。

この本が気になる方はこちら

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

この本ではSEO対策のライティング技術について64の文章法とともに紹介されています。

また商品販売を目的としたコピーライティング術やブログ運営方法なども解説されているためブログを運営しようと考えてる人におすすめの1冊です。

この本が気になる方はこちら

まとめ

Webライター,職種研究

本記事ではWebライターの職種研究を行ってきました。

Webライターはその始めやすさや仕事の自由度の高さからフリーランス、副業界隈で人気な職種です。

Webライターは書けば書くほど実績や収益を得ることが出来、また文字単価も上がっていくため目指す場合は継続することが重要になってきます。

専門的な知識があれば高単価の記事も執筆できるため自身のこれまでの経験を余すことなく活用できる可能性を秘めた職種です。

ぜひ皆さんもWebライターを就職活動の選択肢に入れてみましょう。

Webライターの職種研究を通して、Web業界の将来性や自分と合っているのかなど確認したい人は以下の記事でチェックしてみてください。

web,業界

本サイトを通して職種研究を行っている皆さんにすばらしい仕事と出会えることを祈っています。

ステップハウス, StepHouse

関連記事

No items found.
Loading...