渡辺萌菜美

作成日:
2022-01-13
カテゴリー:
秘書,職種研究

インターンシップに入る前はどういう人間だったか

インターンシップを始める前の私は保守的な人間で、何か仕事を頼まれないと自分から動くことはありませんでした。

この性格は幼いころから染みついたもので、それは、幼いころの生活環境からきていると思います。私には、2つ上の姉がいて、何をするにも姉の後をついて回っていました。

姉がピアノを始めたら私もピアノを習い始め、姉が英語を習い始めたら私も習い始め、姉がダンスを始めたら私も習い始めました。それだけなく、小学校、中学校入学の際にも常に姉がいるという環境で、自分から一人で新しい環境に飛び込むということが怖くなっていきました。

さらに、常に姉がいるということで、姉とのけんかも避けるようになり、人の顔色をうかがうことも多くなりました。そのおかげか、協調性は人一倍身についていたので、周りからは学級委員や、応援団長など勧められることも多くありました。

頼まれた役はすべてやってきたので同級生からは、積極的な人だと思われていたのかもしれせん。しかし、自ら進んでやったことはほとんどなく流れに身を任せていました。

どういう背景で始め、何でインターンシップを探しましたか?

大学三年生になるというタイミングで就活を意識したからです。就活をしている先輩の話や、自分で調べているうちにどんどん焦っていきました。私は、大学に入学してからサークル活動にしか力を入れていませんでした。

ビジネスについての知識もなく、何から始めていいかもわからずという状態だったので、とにかくビジネスの場に身を置きたいと思いました。そうして様々な業界について調べました。

インターンシップで身に付いた考え方やスキル

社会人とのコミュニケーションスキルです。

コミュニケーション能力はもともとあるほうだと自負していました。ですが、社会人が相手だとそうはいきませんでした。話すだけでおどおどしてしまい、営業をできる状態では全くなかったと思います。

しかし、インターンシップで営業をしていくうちに落ち着いて話せるようになりました。

それだけではなく、相手の話を丁寧に聞く力が身に付きました。社会では、話す力より聞く力のほうが大事だと学びました。

なぜ、その考えやスキルが身についたのか

長期で、インターンシップをできたからだと思います。長期でやることにより、社員さんや同期とも濃い関係になることができます。そうして、質問もしやすい環境になり、同期と切磋琢磨することができました。

同年代で頑張っている姿を目にすると、とても刺激になります。

さらに、長く携わることで、その会社への理解がより深まり、その業界の理解、他業界の理解へと広がっていきます。数日間では、会社の概要を理解することで終わってしまうと思いますが、事業に参加することができる長期インターンシップは、貴重な経験になります。

頑張っている同期や、経験が自信に繋がり積極性も身に付き、サークルでも自ら役職につきチーフというポジションになりました。

これから挑戦したい事

大きな夢はまだ見つかっていないので、目の前にあることを全力でやっていきたいと考えています。

今でいうと、長期インターンシップの同期の中で一番成果を上げるということです。私は、サークルが忙しく周りの同期より時間が使えてません。その分、効率よく学んで、数をこなす必要があります。

そのため、一番成果を上げるということは、営業力だけでなく自分の成長の指標にもなります。

今は、その目標に向かって頑張りたいです。

あなたにとってとインターンシップとは

0から社会経験を積める場所です。インターンを始める前は、バイトでしか働いたことがなかったので、オフィス業務や、社会人と話すこともありませんでした。

インターンシップを始めてから、社会人についてのイメージも湧きやすくなり、最低限必要なマナー、スキルが身に付きました。働くとはどういうことなのか、社会人とは何なのか、考えている学生に特におすすめしたいです。

最初の一歩目は、一番出にくいと思いますが、踏み出してしまえば仲間もできて、たくさん身についていいことだらけです。インターンシップにも、いろいろあると思いますが、学生への教育環境が整っていて、たくさん実践できるインターンシップを探すといいと思います!

ステップハウス, StepHouse

関連記事

No items found.
Loading...