知花藍子

作成日:
2022-06-23
カテゴリー:

インターンシップを始める前の自分

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始める前の自分は、何も考えてなかった人間だったと思います。

長期インターン,インターンシップ

一方で、高校時代から様々なことにチャレンジするようにしていました。

プログラミングを学びホームページを作ることや学生団体に入り商品開発を行うなどしていました。

特に力を入れていたのは、高校時代に参加していた地域の活性化を図るためのプロジェクトです。

具体的には、私の地元である沖縄県の特産品を使いおつまみの商品開発をしていました。

イカゲソと味噌を使った、お酒のおつまみの商品を販売していたのです。

はじめは、商品を売るコンサルタントがいたこともあり、順調に商品は売れていました。

ですが、コンサルタントがある時いなくなったことで突如売れなくなってしまったのです。

そのため、とても苦労した経験があります。

しかし、諦めずに売る為の方法を考えながら取り組みました。

それでもなかなか成果が出ずにしんどかったのですが、非常に勉強になったと思っています。

また、高校1年生から書道部部長や生徒会に挑戦していました。

このように、行動はしていましたが特に何も考えていなかったのです。

しかし、挑戦する気持ちは周りの同級生と比べた時に強かったと思います。

インターンシップを始めたきっかけは?

長期インターン,インターンシップ

同じ大学の友人から営業の楽しさを教えて貰ったことでインターンシップに挑戦することを決意しました。

長期インターン,インターンシップ

友人からは、車で遠い場所に行き、そこで営業活動を行なっていると聞きました。

それに興味を持ち参加を決意したのです。

なぜなら、自分が知らない土地に行くことにより、今まで感じたことのない価値観や経験が積めると考えたからです。

初めは、携帯販売の営業と自分の友達が行なっていたStepHouseとの2つで迷っていました。

その時、StepHouseは営業だけに特化していることや今後も新しい支部を作るという情報を得たのです。

そのため、面白そうだと思いStepHouseに決めました。

インターンシップを通じてどんな風に成長したか

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを通じ、自分で物事を考えることができるようになりました

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始める前は、指示を待つだけで何も啓発的に行動することができませんでした。

しかし、今いる環境は問題に対してどう解決するのかといったことを多く考える必要があるため、常に頭を動かす必要があります。

なので、私はインターンシップを参加したことで常に頭を動かすようになりました。

そうすることでまずは自分で考えるようになり、そこから分からない所を積極的に聞きにいく姿勢がつきました。

また、学業や生活の中でも分からない所は色々な人に聞くようになったと思います。

成長できた理由・要因は?

長期インターン,インターンシップ

成長要因は、周りの環境がよかったからだと思います。

長期インターン,インターンシップ

私が参加しているインターンシップは結果主義なので、『次はどうしたらいいのか』といったことを常に考える必要性があります。

また、厳しい環境に身を置くことで、成長できたともいえます。

私はよく落ち込むタイプなので、ネガティブになったときは同じ支部の仲間同士でいつも励ましあったりして気持ちをリセットしています。

これは、私にとって原動力になっているといえるでしょう。

このように、とにかく環境が良く周りの仲間がいるからこそ成長できていると思います。

これから挑戦したい事

長期インターン,インターンシップ

これからの目標は、1ヶ月2契約を取ることです。

長期インターン,インターンシップ

そのため、平日でも先輩社員とロールプレイングをしっかりやるなどの取り組みをするのはマストだと考えています。

現状私は、親近感のある雰囲気を意識してお客様に対して営業をさせていただいています。

そこで、実際にいくつかの契約は取れていますが、それは自分の人柄をかってくれた人からの契約だといえるでしょう。

しかし、それではチャンスロスが発生していると考えています。

そういった人柄をかってくださったお客様から結果を得るだけではなく、だれにでも通用できる「営業」をして実績を上げていきたいです。

また、交流イベント会などの運営もしていきたいと考えています。

ですが、まずは実績を上げることが目標です。

あなたにとってインターンシップとは

長期インターン,インターンシップ

私にとってインターンシップとは、挑戦できる環境です。

長期インターン,インターンシップ

お客様の喜ぶ姿を見れるところは、非常にやりがいを感じます。

また、営業の手法などを丁寧に先輩社員は教えてくださるので、思い切った行動をすることができます。

  • 営業に興味がある人
  • 就活のネタづくりをしたい人
  • 挑戦したい人
  • 成長したい人

上記に当てはまらなかった方でも、挑戦してみることをおすすめします。

大学産業能率大学 経営学部学年1年

ステップハウス, StepHouse

関連記事

No items found.
Loading...