周りにできて、自分ができないワケがない。挑戦することで手に入れた経験と実績

作成日:
2022-01-20
カテゴリー:

インターンシップを始める前の自分

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始める前は友人も少なかったです。

趣味のスニーカー収集のために、アルバイトをしてるような学生でした。

人としてもだいぶ閉鎖的な人間で、大学へ行っても誰とも話さず、授業を受けて帰るだけでした。

当時は何も思ってはいませんでしたが、今考えると少し寂しい学生だったと思っています。

インターンシップ,長期インターン

そんな学生だった私にとって、営業を行うというのはすごく不安要素が多く、緊張もしました。

しかも、友人の少なかった私がインターンシップといった多数の方が参加するコミュニティを続けていけるのかがすごく不安でした。

インターンシップを始めたきっかけ

長期インターン,インターンシップ

私がインターンシップを始めたきっかけは、就活の中で出会った小さなコンサル企業のインターンシップでした。
そこのインターンシップのグループワークで私は何もできずに終わってしまったのです。

チームを引っ張ってくれた学生は、その日の出席者の中でも一際目立っていました。

その学生に「なんでそんなにすぐ理解して進められるの?」と聞くと「長期インターンシップをやっている」とのことでした。

それなら「自分もやってみたい。できている人もいる訳だし、自分ができないわけがない」。

その学生に追いつきたい、その一心で始めたのがが長期インターンシップでした。

インターンシップ,長期インターン

インターンシップを通じてどんな風に成長したか

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを通じて伸びた能力は「コミュニーケーション能力」と「情報処理速度」だと感じています。
まず1つ目の「コミュニケーション能力」は友人の少なかった私にとっては大きく成長したと自負しています。

まず、問題として挙げられたのは自分自身が閉鎖的な人間であったことです。

他人には偏見を持って接することが多く、あまり関わらずに学生生活を送っていました。

しかし、営業活動を行うとなると人それぞれみんな違うわけで、全く同じ人間は誰一人といないということに気付きます。

苦手だった人に対しても、なぜ自分はこの人が嫌なのかを考えずに、ただ人と関わるのが怖いからとの理由で毛嫌いしていました。

しかし営業活動を通して身についた思考能力で、なぜこの人に対して苦手意識を持っているのかということを考えられるようになりました。

また、それに対するアプローチを自分で考え実行することで克服につながったのです。

お陰で大学の友人も以前の2倍になりました。

2つ目は「情報処理速度」です。

以前はすごく遅かったと感じていたのですが、ここ直近は情報処理速度が速くなったと感じています。

就活前に行うインターンシップでは、それまで自分自身がどんな状況に置かれていて、何をすればいいのかが理解できていませんでした。

そのため、グループワークでは足を引っ張ってしまう学生だったのです。
しかしこの長期インターンシップを始めた以降は、いろいろなインターンシップに出ても私が周りの皆を引っ張る側の人間になっていきました。

これは、ひとえに長期インターンシップのおかげで情報処理速度が上がったと思っています。

インターンシップ,長期インターン

成長できた理由・要因は?

長期インターン,インターンシップ

成長できた要因は何よりも周りの人の存在が大きいと思っています。

現に私は、同じ支部の人たちが大好きです。
正直に言うと、長くても2週間でインターンシップを辞めようと思っていました。

しかし、「なぜ続けたか?」それは、相談すると真剣に話を聞いてくれる仲間がいたからです。

どれだけくだらない話でもちゃんと話を聞いてくださり、的確なフィードバックや返しをくれる方々ばかりでした。

また、インターンシップを始めて2週間が経った頃、私はとても尊敬する人たちに営業についての相談をしました。

私の営業に対する考え方や取り組む姿勢が正しいのかといったところから、丁寧に4時間もかけて説明して下さったのです。

一通りの相談が終わった後、営業に関する話をそのメンバーと朝の7時まで話したのは一生の思い出です。
そして、今でも楽しかった時や辛かった時に一緒に解決方法を考えてくれます

インターンシップ,長期インターン

また、ダメなことはダメだと言ってくれる人は、日常生活を過ごしている分には、ほとんどいないでしょう。

基本自由な大学生になってからは尚更無くなったように感じています。

しかし、私が参加する長期インターンシップはそれをしっかり指導してくれ、支えてくれる人達が本当に大勢います。

そんな人たちに囲まれてインターンシップを行えているからというのが1番大きな成長要因でしょう。

これから挑戦したいこと

長期インターン,インターンシップ

私は、就職した会社では同期内で1番に部下を持たせてもらえるような結果を残したいと考えています。

インターンシップ,長期インターン


就職先はアウトソーシングの会社で、そこの営業職に就く予定です。

生活に必要不可欠ではないけれど、あればより生活が豊かになるものやあった方が良いものだと感じる商材を扱います。
長期インターンシップで学んだことがフル活用できるはずです。

これから短い間にはなりますが、就職するまでは存分にこの長期インターンシップを利用して、より一層結果を残します。

実現能力を身につけられるだけの成長環境が、私の参加している長期インターンシップにはあると考えています。

あなたにとってのインターンシップとは

長期インターン,インターンシップ

普通の学生生活を過ごしているだけでは絶対に見れない景色を見せてくれ、絶対感じることのできない経験をさせてくれる環境です。

インターンシップ,長期インターン


私は、今思うと本当に寂しい学生生活だったなと感じています。

しかし、長期インターンシップを始めてからはそんな学生生活が一気に変わりました。

大学生は長期休みなどに入ると暇で暇で長いと思っていました。

しかし、長期インターンシップを始めてからの長期休みは本当に充実していて、あっという間に感じます。

仕事も遊びも全力で楽しみ、仕事に対しての向き合い方も皆さん尊敬できる人ばかりです。

私は「仕事」に対する向き合い方という点でかなり変わりました。

この環境に合う人は以下のようにたくさんいると思います。

  • お金を稼ぎたい人
  • 圧倒的に成長したい人
  • 就活に利用したい人
  • コミュニケーション能力をつけたい人

共通して言えるのは、どんな人でもやる気と素直ささえあれば人としても成長できる環境だということです。
この2つがあればどんな理由で入ってきても良い環境になると思います。

大学関西学院大学 商学部学年4年

ステップハウス, StepHouse

関連記事

No items found.
Loading...