「インターンシップで見つけた自分の長所」

作成日:
2022-01-13
カテゴリー:
秘書,職種研究

インターンシップを始める前の自分

長期インターン,インターンシップ

始める前は、大学の課題をして友人と遊び、寝るといった怠惰な生活を送っていました。

今何をしたらいいのか分からず考えることも放棄していました。

周りと同じように4年生になれば就活を行えばいいだろうと、将来の事を深く考えずに毎日過ごしていたと思います。

長期インターン,インターンシップ

しかし、1,2年生から自分の将来について考えて理想像に近づくために今できることを行動に移している友人が多数いました。

そんな友人たちと比較し、将来のビジョンさえも見えていない自分が不安でそわそわしていたのを覚えています。

インターンシップを始めたきっかけは?

長期インターン,インターンシップ

将来を見据えている私の友人たちは、公認会計士や税理士、公務員試験対策などを1,2年生の時から始めていました。

私は周りの人と比較して落ち込む日々が続いていたのです。

そんな時友人と集まる機会があったので思い切って漠然とした不安を打ち明けることにしました。

すると私と同じように感じている人が何人かいたため安心しました。

しかし、私はこのままではダメだと考え3年生からでも始められることを調べつくしたのです。

インターネットで探すとプログラミングやWEBマーケティングなど様々あります。

しかし、私は自身の考え方や行動力を変えたかったため営業のインターンシップを始めることにしました。

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを通じてどんな風に成長したか

インターンシップ,長期インターン

私は今まで人に流されて生きてきたため、自分で考えて行動することが苦手でした。

しかしインターンシップを始めたことによって、自分の行動を合理的にできるようになりました。

その理由は、PDCAサイクルなどで自分の行動を振り返るようになったからだと思います。

  • ここはもう少し積極的にいけばよかった
  • ここは相手に納得してもらえるような話をできた

以上のように自分の行動を振り返ることで、改善点や伸ばしていくべき点を見つけることができました。

自分の長所や短所を理解し、次に行うべきことを考えられるようになったことが一番の成長だと考えます。

長期インターン,インターンシップ

成長できた理由・要因は?

長期インターン,インターンシップ

インターンシップ先の先輩や社員の方は、とても話しやすく自分の疑問に対しても真摯に対応してくれます。

テレアポを行っている際には、目上の方に対する言葉遣いや営業に対する姿勢などを的確に指示してくれるため、納得して次に繋げることができました。

またPDCAサイクルを家で取り組むことによって、インターンシップへの意識も高まります。

精神面では、周りの社員さんたちに「営業力を付けるから!と言ってもらったおかげで安心して頼ることができ、ストレスはありませんでした。

長期インターン,インターンシップ

これから挑戦したいこと

長期インターン,インターンシップ

私は、仕事は人生を充実させるための資金集めだと考えているので就職はゴールだと思っていません。

これからは就職してお金を貯めて、30歳前後に開業し自分のペースで働きながら、プライベートを充実させていきたいです。

長期インターン,インターンシップ

そのために大学時代と企業勤め時代に必要な資格や知識・資金を貯め、貪欲に吸収していこうと思っています。

具体的にはインターンシップでマーケティングを学び、個人で金融や経済の勉強をしようと考えています。

これまでの20年間はあっという間に過ぎてしまったので、そうならないように意識して行動に繋げていきたいです。

私にとってインターンシップとは

長期インターン,インターンシップ

インターンシップは様々な意見や考え方に触れることができます。

長期インターン,インターンシップ

そのおかげで、今まで適当に就職して老後の生活を送ると考えてた私自身が変わり、将来開業したいと考えるようになりました。

安定を求めていた考えがここまで変わることは自分でも予想していなかったので驚いています。

今何をしたらいいのか、何をすべきなのか分からない、そんな人にはインターンシップがオススメです。

将来に必要な知識やマナーを教わりつつ、自分の考えを広げてくれるそんな存在にインターンシップはなってくれるはずです。

大学日本大学 経済学部学年3年

ステップハウス, StepHouse

関連記事

No items found.
Loading...