清飛羅直樹

作成日:
2022-01-26
カテゴリー:

インターンシップを始める前の自分

インターンシップ,長期インターン

友達と遊んだりゲームばかりしたりするような大学生で、何も考えずに日々を過ごしていました。

塾のチューターをアルバイトでしていましたが、熱量を持って取り組めているわけではありません。

そのため、社会人になるための準備を一切していませんでした。

授業面も比較的単位が取りやすい学部に通っていたため他の学部よりも緩く、だらけて遊んでいたのです。

遊んでばかりいたため自分に全く自信がなく、自信がない自分に嫌気がさしていました

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始めたきっかけは?

長期インターン,インターンシップ

大学3年生の春から就活を意識し始めたことがきっかけです。

小学生から大学3年生までずっと学生として過ごしてきた自分は「働くこと」を1ミリも考えずに生きてきました。

自分が社会人になった際に「自分はしっかり働けるのか」「そもそも自分を欲しいと思ってくれる企業はあるのか」と不安だらけでした。

アルバイトはしていましたが、時給がもらえるから働くわけで「働くこと」とは違うと考えます。

働く経験がないまま社会人になってしまうのは良くないと考え、学生のうちに働く経験をして自信を身につけようと思いインターンシップを始めました。

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを通じてどんな風に成長したか

長期インターン,インターンシップ

成長できたことは2つあります。

1つ目は、大人と話すことに慣れたことです。

インターンシップ先では訪問販売の営業をやっているため、1日で何十人もの大人とビジネスの話をします。

様々な大人たちと会話をすることで、必然的に会話をすることに慣れました。

2つ目は、自信を持って話せるようになったことです。

これはトークの練習をしっかりと行い、何を聞かれても大丈夫と自分に自信をつけたことでできるようになりました。

今では相手の目をしっかりと見据え、仕草や様子にも注力しながら慌てずに堂々と話せるようになりました。

長期インターン,インターンシップ

成長できた理由・要因は?

インターンシップ,長期インターン

成長できた要因は2つあります。

1つ目は、インターンシップの環境です。

私が所属しているインターンシップ先は、やる気さえあれば成長ができる環境です。

上長や先輩は何でも質問に答えてくれますし、出勤以外の時間で練習にも付き合ってくれます。

そのため、学びたい意欲さえあればいくらでも学べる環境が整っています。

長期インターン,インターンシップ

2つ目は、自主的に動いたことです。

成長に貪欲になり、このような環境を有効的に使って自主的に動けたことも成長につながったと思います。

これから挑戦したいこと

長期インターン,インターンシップ

これから挑戦したいことは、「数字で結果を残していきたい」これに尽きます。

小さなことを積み重ねて成長し、継続的に契約が取れる人材になりたいと考えています。

そしてゆくゆくはアポインターリーダーとなり、支部を引っ張れる人になりたいです。

長期インターン,インターンシップ

私は将来、営業職に就こうとは考えていません。

その理由は、1つのことだけに縛られるのが自分の好みではないからです。

しかし営業のインターンシップを通じて身につく「人と話せる能力」は、営業職ではなくても役立つものだと考えます。

したがって学生のうちは営業職を極め、身についたスキルを他の職種にも活用していきたいです。

私にとってインターンシップとは

インターンシップ,長期インターン

私にとってインターンシップとは、部活動です。

部活動は誰かにやらされるものではなく、自ら進んで取り組むものです。

その中でしんどいことや辛いこともあり、途中で辞めたくなる時があると思います。

そうなった時、サボろうと思ったらいくらでもサボることはできるでしょう。

しかし途中で投げ出してしまったら、自分が思い描いていた姿になることは決してありません。

このような環境はインターンシップでも同じです。

同じ目標を持った仲間がいて、共に成長に向き合えます。

そして辛い中、結果を追い求めて努力ができるような最高の環境だと私は考えます。

長期インターン,インターンシップ

私はインターンシップを通して、自信を身につけることができました

私のように、成長したい・自分を変えたいと強く思っている方には勧めたいと思います。

大学大阪大学 人間科学部学年3年

ステップハウス, StepHouse

関連記事

No items found.
Loading...