【デジタルマーケターの仕事内容を解説】なり方や必要なスキル、向いている人とは?1日の流れからやりがい、平均年収まで紹介

作成日:
2022-01-13
カテゴリー:
秘書,職種研究

はじめに

皆様はデジタルマーケターという職業をご存知でしょうか?

スマホの普及によって身近な様々なものがIT化している昨今このデジタルマーケターという職業はとても需要があります。

そのためIT系の職業に就きたいと考えている人でデジタルマーケターを選択肢に入れている人は少なくないでしょう。

本記事ではデジタルマーケターの職種研究をしていきます。

自分がデジタルマーケターになった場合をイメージしながら職種研究を行いましょう。

デジタルマーケターとは

デジタルマーケター,職種研究

昨今スマホやSNSの普及で消費者のニーズはどんどん多様化しているとされます。

ニーズが多様化した社会でいかに消費者の購買意欲を掻き立てるかが重要になってくるでしょう。

そんな消費者の購買意欲を分析して適切なマーケティングを行うのがデジタルマーケターです。

こちらではデジタルマーケターの仕事内容ややりがい、デジタルマーケターをする上での苦労について紹介していきます。

デジタルマーケターは何をする?

デジタルマーケター

デジタルマーケターはインターネット上でマーケティングを行う仕事です。

具体的には上図の通り、顧客からの依頼を受けてプロモーションを行い、その閲覧状況を分析してさらなるプロモーションを行います。

プロモーションの方法は多岐に分かれており代表的なものとしてSNS商品紹介サイトでのプロモーションが基本です。

デジタルマーケターのやりがい

デジタルマーケター,職種研究

デジタルマーケターは企業や個人が販売する商品やサービスをデジタル技術を用いて消費者に向けてプロモーションを行う仕事です。

そのため自身のプロモーションによって商品が多く売れる達成感はとても大きく、また1つ1つの案件をやりきる機会が多くあるため充実感を感じられます。

またデジタルマーケターは自身のプロモーションがどれだけ消費者の購買意欲を刺激できているのかをデータで確認することが出来ます。

自身で試行錯誤をして行ったプロモーションで出た成果が目に見えることもやりがいの1つです。

デジタルマーケターの苦労

デジタルマーケター,職種研究

デジタルマーケターの苦労するポイントは仕事の自由度が高いために良くも悪くも成果が求められることです。

消費者の利用データを基にした分析で成果をさらに出すために何をすればよいのか試行錯誤を続けることをプレッシャーと感じる人も少なくありません。

ただそこで試行錯誤を行ったことは後々の仕事に生きてくるためその苦労も報われる可能性は高いです。

デジタルマーケターの平均年収

デジタルマーケター
参考元:求人ボックス

職種研究を行う上で気になるのはその職種の年収という人は多いことでしょう。

こちらではデジタルマーケターの平均年収について紹介していきます。

デジタルマーケターの平均年収は約600万円です。

新卒年収としては約300万円~400万円とされていてここからキャリアアップしていくごとに年収が上がっていくとされます。

特にマネージャーにつくと年収1,000万円を超えるケースも出てきます。

デジタルマーケターとして1,000万円の年収をもらいたい場合はマネージャーを目指して将来設計してみましょう。

デジタルマーケター1日の流れ

デジタルマーケター

こちらではデジタルマーケターの一日の業務の流れの一例について紹介していきます。

デジタルマーケターの一日の流れとしては情報収集や分析、ミーティングで占められているのです。

複数の案件を持つことになるとミーティングの頻度が増えてきます。

タスクに関しては情報収集やコンテンツの企画など多岐にわたるため携わっている案件によっても変わってくるでしょう。

どんな人が向いている?

デジタルマーケター,職種研究

こちらではデジタルマーケターがどんな人に向いているのかについて紹介していきます。

好奇心がある

デジタルマーケティング業界は日々進化してきています。

そのため社会のトレンドに好奇心を持って取り組むことがとても重要になってきます。

消費者の動向にも興味を持つことはデジタルマーケティングのプロモーションに大きく反映してくるので好奇心が高い人に向いているといえるでしょう。

リサーチが上手い

リサーチが上手いこともデジタルマーケターとして重要な力です。

というのも今の世の中マーケティングに関する情報は多くあふれております。

そのためただ調べるだけでは十分なプロモーションが行えない可能性があり、より良いデジタルマーケティングには情報の正しい取捨選択が必要です。

チームで物事を成し遂げるのが好き

デジタルマーケターの仕事は一人では行えません。

ほとんどのケースでチームでの業務が求められます。

チームで商品のプロモーションを行うためコミュニケーションを密に行う必要があります。

そのためチームで物事を成し遂げることが好きな人はデジタルマーケターに向いているといえるでしょう。

デジタルマーケターで求められるスキル・資格・マインド

デジタルマーケター,職種研究

職種研究においてその職種に就く上で何が求められるのかを考えることはとても大切です。

特にデジタルマーケターという職種は昨今になって需要が増えてきたこともありそれらを詳細に理解している人は多くはありません。

そこでこちらではデジタルマーケターに求められるスキルや資格、マインドについて紹介していきます。

スキル

こちらではデジタルマーケターで求められるスキルについて紹介していきます。

デジタルマーケターで求められる知識として以下があげられます。

1.汎用的なマーケティング知識

デジタルマーケターはオンライン上でのマーケティングを行うので汎用的なマーケティング知識をみにつけておくことが求められます

昨今では多くのマーケティング方法があり、そのため案件に合わせてその方法を取捨選択する必要があるでしょう。

2.情報収集スキル

デジタルマーケティング業界は日々進化している業界です。

そのためトレンドの流動性が高く毎日の情報収集は必須になります。

マーケティング技術は日々更新され続けていくため様々な方面での情報収集スキルを高めておくことが求められるのです。

3.コミュニケーション能力

デジタルマーケターの仕事は顧客である個人、法人やチーム内のメンバーとのコミュニケーションが欠かせません

デジタルマーケターはプロモーションのすべての工程を一人で行うわけではなく、SNSの運用をする人やWebを構築する人など多くの人が関わってきます。

そのため自身が想定したマーケティング案と作られたものに相違がないかをしっかりとコミュニケーションをはかって確認する必要があるのです。

資格

デジタルマーケターは資格がないとなることのできない仕事というわけではありません。

ただ資格があれば自身の実力を示すものとして顧客からの信頼を得やすいです。

デジタルマーケターで取得がおすすめとされる資格は以下の通りです。

  1. ウェブ解析士
  2. ITパスポート
  3. マーケティング・ビジネス実務検定
  4. SNSエキスパート検定

上記の他にもデジタルマーケティングに関する資格は多く存在するため興味がある場合は調べてみましょう

マインド

こちらではデジタルマーケターとして持っておきたいマインドについて紹介していきます。

1.顧客の成功が自分の成功につながること

デジタルマーケターの仕事は顧客の商品やサービスが自身の企画したプロモーションにより売れることで成果となります。

そのため顧客となる個人や法人の成功がデジタルマーケター自身の成功につながるわけです。

デジタルマーケターとして顧客の成功を願うマインドは必要です。

2.消費者目線にたつこと

消費者目線のマインドもとても重要です。

商品やサービスのマーケティングを行う上で、消費者目線でどのようにプロモーションされていれば良いか考えることは必要になってきます。

消費者目線に立っていかに消費者の購買意欲を高めるかも需要なマインドの一つです。

3.チームプレイヤーとしての意識

デジタルマーケターの多くはマーケティングの企画、構想を練ることがほとんどでその企画を実践するための開発などは別部署に任せることが多いです。

WEBサイト構築のプログラマーや宣伝文章を書くWEBライターなどがそれにあたります。

デジタルマーケター単体では自身の考えるプロモーション企画は行えないことを理解したうえでチームの一員であるというマインドが必要です。

デジタルマーケターのキャリアパスは?

デジタルマーケター,職種研究

こちらでは実際にデジタルマーケターになるにはどうしたらよいのかデジタルマーケターになった後のキャリアパスについて紹介していきます

デジタルマーケターになるには?

デジタルマーケター,職種研究
  • 新卒でデジタルマーケターの職種に就く
  • 独学でフリーランスとして活動する

現在デジタルマーケターのなり方の代表例として以上の2点あげられます。

1.新卒でデジタルマーケターの職種に就く

デジタルマーケターは特に専門的なスキルや資格を持っていないとなることが出来ないわけではありません。

そのため新卒からデジタルマーケターとして働くこともできます。

未経験でも企業のデジタルマーケター部門などはしっかりとした社員の教育体制が整っている場合が多いので初心者で実力をつけていく場合におすすめです。

2.独学でフリーランスとして活動する

デジタルマーケターはフリーランスとしても働くことが出来ます。

会社と違い自営業となるため自身で仕事に関する手続きを行わなくてはいけません。

また初心者がいきなりフリーランスとして働くのはとてもハードルが高いと考えられます。

というのもどんな仕事であれフリーランスとして働く場合は実績を求められるケースがほとんどです。

なのでフリーランスデジタルマーケターとして働く場合は一度企業のデジタルマーケターとして経験を積んでからがおすすめです。

デジタルマーケターのキャリアパス

デジタルマーケター

こちらでは実際にデジタルマーケターとして入社した場合にどのようなキャリアパスを送ることになるかを段階別に紹介していきます。

1.アシスタント(入社、新人)

入社してからの新人期間は主にアシスタントとして先輩社員のデジタルマーケティングのサポートを行い実践経験を積んでいきます

勤続年数としては1年目がアシスタントに当たるためこの段階でデジタルマーケティングのノウハウについて勉強する期間としてあるのです。

2.デジタルマーケター

アシスタントを経てデジタルマーケターの仕事を覚えてくると正式にデジタルマーケターとして顧客とメインで関わるようになります

最初は50万円~100万円ほどの案件を受け持つことになるでしょう。

その後数年はデジタルマーケターとして働き、年数を経るごとに案件の金額規模も上がってきます。

3.マネージャー

デジタルマーケターとして経験を経るとマネージャーとしての役職に就く可能性があります。

マネージャーになるとチームのまとめ役としての仕事だけでなく、高額の案件を複数持つ場合もでてきます。

デジタルマーケターの業界は比較的に新しいため年功序列で出世するところは少ないです。

そのため実力や実績さえあれば若いうちにマネージャーとして活躍することができます

マネージャーを目指す場合は向上心をもって仕事や勉強を行うと良いでしょう。

デジタルマーケターの最新動向

デジタルマーケター,職種研究

こちらではデジタルマーケターの最新動向について紹介していきます。

現在この職が抱える問題点などをきちんと理解したうえで職種研究を深めていきましょう。

1.デジタルマーケターの人員不足

昨今多くの業界、職種で人員不足が問題となっておりデジタルマーケターも例外ではありません。

学生時代からデジタルマーケティングについて 勉強する人は少なくありませんが多くもありません。

そのため多くの企業はデジタルマーケターの人員を確保するために初心者でもプロのデジタルマーケターに育成できる研修制度が整っています

2.コロナ禍の影響

コロナ禍の影響で多くの企業がマーケティングに対するデジタル化需要を高めています

そのためコロナ禍の影響でデジタルマーケターの仕事は増えていくと予測されているのです。

またこれまで週に何度か出社していたデジタルマーケターの多くが完全在宅化になりつつあり、さらに自由度の高い働き方になってきています。

デジタルマーケターにおすすめの本

デジタルマーケター,職種研究

最後にデジタルマーケターを目指すためのおすすめの本を紹介していきます。

こちらで紹介する本を読んでデジタルマーケターになるための勉強をしてみてください。

デジタルマーケティングの教科書

この本ではデジタルマーケティングの概念について通常のマーケティングとの関係性も含めて解説されています。

デジタルマーケティングの基本知識や全体像をその進化とフレームワークを通して書かれているのが特徴です。

そのためデジタルマーケティングの入門書として重宝される1冊です。

この本が気になる方はこちら

デジタルマーケティングの定石

この本はWebマーケティングの施策の定石についてその正解不正解についてを分析のもとに記した1冊です。

約3万サイトの分析によって得られた知見をもとにコストパフォーマンスを高める施策について紹介されており多くの判例をもとに学べます。

デジタルマーケティングのやり方について良く知りたいという人にはおすすめの1冊です。

この本が気になる方はこちら

1からのデジタルマーケティング

この本はデジタルマーケティングの基本的概念や考え方を理解するうえで重宝される1冊です。

1からデジタルマーケティングの勉強を始める人にとって満遍なく情報が盛り込まれており分かりやすいです。

更にこの本は日本マーケティング本大賞2019年の大賞を受賞した1冊となっているため入門書の実績もありおすすめできます。

この本が気になる方はこちら

まとめ

デジタルマーケター,職種研究

本記事ではデジタルマーケターの職種研究を行ってきました。

デジタルマーケターは昨今のデジタル化やコロナ禍の影響でデジタルマーケティングの需要が高まったことで注目されている職種です。

またパソコン一つで仕事が出来て、場所にもとらわれないので比較的に自由度の高い職種といえるでしょう。

初心者からでもなりやすくまた実力をつければつけるほど収入も上がりやすいためぜひデジタルマーケターを選択肢に入れて就職活動を行ってみてください。

デジタルマーケターは主にWeb業界の会社で多く採用されています。

デジタルマーケターの職種研究を通してどんな業界なのか、この業界と自分はあっているのか確認したい方はこちらの記事も読んでみてください。

web,業界

本サイトを通して職種研究を行っている皆様にすばらしい仕事との出会いがあることを祈っています

ステップハウス, StepHouse

関連記事

No items found.
Loading...