学生生活をさらに充実させるインターンシップ

作成日:
2022-01-13
カテゴリー:
秘書,職種研究

インターンシップに入る前はどういう人間だったか

長期インターン,インターンシップ

高校時代は、部長、キャプテン、応援団長など前に立ちまとめる立場が多くありました。

しかし、大学生活は、コロナウイルスの影響で、思い描いていたキャンパスライフとは大きく異なるものでした。

家で過ごす時間が増え、高校時代の自分と比較し、何もしていない自分嫌気がさしました。何か新しく「夢中になれるものが欲しい」と思いつつも、何をしたらいいかわからずに悶々とした日々が続いていました。

インターンシップを始めたきっかけとその背景

長期インターン,インターンシップ

きっかけは、大学の先輩が起業したことです。

自分と同じ状況下のはずなのに、自分で行動を起こしている人がいるということに衝撃を受けました。加えて、今まで意識をしてこなかったビジネスの存在を身近に感じる出来事となりました。

誰しも大学生活は有限です。それをいかに有意義に使い、自分の財産にするのかを考えたときに浮かんだのがインターンです。学んだことを実践に移し、他にない経験を積むことができる、私にとってもってこいの場だと考えました。

そうして、先輩に紹介してもらいインターンを始めました。

インターンシップで身に付いた考え方やスキル

長期インターン,インターンシップ

ブランディングの大切さを学びました。さらに、コミュニケーション力ヒアリング力が身に付きました。

自分が紹介するときに、紹介したいものの価値がわかっていないと提案ができません。どのような人に向けて、どのようなものが得られるのかなどを考える習慣がつきました。

提案するにあたって、相手のことを知るヒアリング力ついても意識したのは初めてでした。ビジネスの関係を築くにあたって必要なものは何なのかというところから学びました。

なぜ、その考えやスキルが身についたのか

長期インターン,インターンシップ

今まで、感覚的に動いていたものをきちんとノウハウとして教えて頂けたからです。ミーティングで学んだことや、授業で学んだことを実践して肌で学べる環境は貴重だと思います。

コミュニケーション能力は周りよりあるほうだと自負していました。しかし、ビジネスの場のコミュニケーションというのは、学生同士の会話とは違います。

第一印象をどう良くするか、どう相手のニーズを引き出すか。そういったことが重要になります。

この様な力は、実践経験をたくさん積んだ先輩からのアドバイスをじきじきに聞くことで成長できました。

これから挑戦したいこと

長期インターン,インターンシップ

最終的には、起業したいです。ただ、それまでに力をつけるためにも、今やっているインターンでの活躍を目標にしています。

目先の目標は、営業でアポイントメント数を数多く取り、チームリーダーになることです。

あなたにとってインターンシップとは

長期インターン,インターンシップ

成長の場です。就職活動のための「学チカ」づくりとして利用する学生が多くいると思いますが、それだけではもったいない!

自己成長のためにどんどん利用していきたいです。そして、いつか自分も起業をして私に衝撃を与えてくれた人のように影響を与えられるようになりたいです。

大学早稲田大学 人間科学学部学年2年

ステップハウス, StepHouse

関連記事

No items found.
Loading...