社会人としての基礎基本を叩き込んでもらえるインターンシップ

作成日:
2022-01-20
カテゴリー:

インターンシップを始める前の自分

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始める前の私は、アルバイトとサークル活動をしている一般的な大学生でした。

飲食店でアルバイトをしており、週2~3日はサークル活動を行っていました。就活を意識し始めたのは、大学2年生の冬頃です。

就活をしている先輩の話を聞いて、アルバイトとサークル活動だけでは面接で話せないのではないかと悩んでいました。

加えてコロナ禍で気軽に外出できなかったこともあり、さらに就活に対して不安を感じていたのだと思います。

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始めたきっかけは?

長期インターン,インターンシップ

サークルの先輩が入社した会社が人員不足のため、インターンシップ活動をしないかと誘われたことがきっかけです。

時給制だったので友達も誘ってアルバイト感覚で始めました。

就活を意識する上でガクチカづくりに悩んでいた私には嬉しい機会でした。

かといってガッツリ就活のために働こうとは考えていなく、新しいことを始めるワクワクした気持ちが大きかったです。

長期インターン,インターンシップ

またインターンシップ先が一部上場企業の子会社であり、信頼できると考えたことも入社した理由の一つです。

インターンシップを通じてどんな風に成長したか

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを通じて、社会人としての基本的なビジネスマナーを身につけることができました。

これまで飲食店でのアルバイトしかしたことがなかった私は、正しい敬語を使えるようになることからスタートです。

長期インターン,インターンシップ

インターンシップで初めて「かしこまりました」を使いました。

知り合いの先輩がいる会社であっても社会人とは正しい言葉遣いをするべきです。

若手社員の多いアットホームな環境でありながら、社会の先輩・後輩関係を学ぶことができました。

成長できた理由・要因は?

長期インターン,インターンシップ

私が成長できた理由は、社員さんになんでも相談できる環境だからです。

私のチームは学生が2人と社員さんが8人で構成されています。

同期の学生とも相談し合いますが、いつも社員さんが率先してアドバイスをくれます。

例えば資料を作っている時、効率の良い方法や見やすいパワーポイントの作り方を教えてもらいました。

また月に1度個人面談があり、業務のことだけでなく就活の相談もすることができます。

風通しがよく、自分の意見を言いやすい職場で環境に恵まれていると感じています。

長期インターン,インターンシップ

これから挑戦したいこと

長期インターン,インターンシップ

現在はSNS運用を行っていますが、ライターとして記事を書きたいと考えています。

以前企業から委託された記事を書いたことがありました。

最初は全然文章が書けず、なかなか記事が完成しませんでした。

しかし添削を続けていくことで自分の表現力が上がり、段々と文章を書くことの楽しさがわかってきたのです。

そのため今後は自分が興味をもっている美容やファッションについてまとめた記事を書いてみたいです。

そして将来はインターンシップで学んだスキルを活かせるよう、メディアに関わる仕事に就きたいと考えています。

長期インターン,インターンシップ

私にとってインターンシップとは

長期インターン,インターンシップ

私にとってインターンシップとは、学生のうちに会社で働くことを学べる貴重な場です。

学生時代の部活やサークルとは異なる上下関係を築くことで、社会人への一歩を踏み出せているような気がします。

インターンシップ先の社員さんは歳が近い方が多くて話しやすいですが、会社の上司でもあるため今までの先輩・後輩とは違う関係性だと感じました。

私は長期インターンシップをすることでアルバイトでは学べない社会経験が得られると思っています。

4年間の大学生活の中で、ぜひインターンシップをやってみてほしいです。

長期インターン,インターンシップ

大学法政大学 人間環境学部学年3年

ステップハウス, StepHouse

関連記事

No items found.
Loading...