根田隼介

作成日:
2022-01-26
カテゴリー:

インターンシップを始める前の自分

長期インターン,インターンシップ

大学1年生の頃はアルバイトをしながらサークルの友達と遊ぶ日々を過ごしていました。

しかし2年生になってコロナウイルスの影響でオンライン授業へと切り替わり、家にこもる期間が長く続きました。

インターンシップを始める前の大学生活は楽しかったのですが、どこか思いっ切り楽しめてはいなかったです。

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始めたきっかけは?

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始めたきっかけは、時給ではないお金の稼ぎ方を経験してみたいと考えたからです。

長期インターン,インターンシップ

僕はアルバイトを複数経験していたのですが、時給で自分の価値を定められることに違和感を感じていました。

そこで長期インターンシップの存在を知り、フルコミッション制の営業インターンシップを見つけました。

時給ではなく完全成功報酬型でなら自分の実力を測れると思い、インターンシップへの挑戦を決めました。

インターンシップを通じてどんな風に成長したか

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを通じて、考え方と話し方がとても成長したと思います。

長期インターン,インターンシップ

まず考え方でいうと、僕は今まで自分の中でゴールを決めてしまってある程度までできれば満足してしまうタイプでした。

しかしチームリーダーや先輩方は僕と違って、1番が取れてもその先までさらに上り詰めようと考えていました。

そんなメンバーたちと過ごす中で、僕も自分の成長に満足せず、どんどん上を目指そうと挑戦的な考え方に変わりました。

そして話し方の面では単純にトーク力がとても伸びたと思います。

以前までは誰かと話している途中で早口になってしまい、上手く言いたい事が伝わらないことがありました。

それが営業を経験して、話しながら頭の中で順序を整理して物事を上手く伝えられるようになりました。

話し方だけでなく、相手の話をよく聞いて理解するヒアリング力も身についたと感じています。

成長できた理由・要因は?

長期インターン,インターンシップ

僕が成長できた要因は、先輩方や仲間たちの存在です。

トーク力を磨くうえで、いろんな人の話し方を観察して良いところを吸収しました。

長期インターン,インターンシップ

特に支部長の話し方が好きなのですが、その方はとても抑揚をつけて体を動かしながら話します。

僕は周りからおっとりしていると言われ話し方も落ち着いているので、支部長のように動きのある話し方に魅力を感じました。

このように、自分が良いなと思う人をロールモデルにして学んでいくことで大きく成長できたのだと思います。

これから挑戦したいこと

長期インターン,インターンシップ

まずインターンシップでの目標は、契約数を増やして現在のステータスをレベルアップさせることです。

そのために自分の音声を聞き直して、トークの細かい修正・反省を行っています。

営業では仕草や表情がとても重要であることを学んだので、話し方一つ一つのクオリティを上げてトーク力をさらに磨きたいと思っています。

長期インターン,インターンシップ

またお客さんとの雑談が案外重要であり、信頼関係の構築ともなり得るのです。

営業トークだけでなく、人としての会話力を伸ばせるよう頑張りたいです。

私にとってインターンシップとは

長期インターン,インターンシップ

僕にとってインターンシップとは、自分を成長させてくれる環境です。

どれだけ成長しても、出勤ごとに学ぶことがたくさん見つかります。

長期インターン,インターンシップ

もちろん結果を出してお金を稼ぐ場所でもあるのですが、それ以上に自分の成長を実感できる場所だと思います。

コミュニケーション能力が高い人、話すことが楽しい人には絶対営業のインターンシップが合うと思うのでおすすめです。

反対に、話すことが苦手な人や自分を変えたいと思う人もぜひ挑戦してみてください。

インターンシップを通じて全く違う自分に変わることもできます。

大学中央学院大学 商学部学年3年

ステップハウス, StepHouse

関連記事

No items found.
Loading...