宮本宙武

作成日:
2022-01-13
カテゴリー:
秘書,職種研究

インターンシップを始める前の自分

サークルでただただ「楽しい」、目標とかも特になく、なんとなく生きてました。頑張ることもないので、人生に不安や問題もなかったです。

インターンシップを始めたきっかけは?

3年生に上がる前にインターンとか始めてみるかぁという安直な気分で、ぱぱっとゼロワンで「営業 コンサル」で調べると、一番上にステップハウスがヒットしました。歩合制とか土日中心というのが魅力的でした。

インターンシップを通じてどんな風に成長したか

このインターンに入って衝撃的だったのは、自分が思った以上に「出来ない」人間だったということです。訪問販売という形態で営業活動しているので、お客様となる方々はその場で初めて出会った人になります。なので、初対面で信用・信頼してもらう力が必要となってきますが、インターンを始めた当初私には全くその力がありませんでした。ですが、ロープレや普段の会話の受け答えを気をつけたり、対応していく中で試行・改善したりすることでちょっとずつ出来る部分が増え、お客様の人生の一部分である住宅設備の契約を頂くことが出来るようになりました。

成長できた理由・要因は?

学生主体でしかもほとんど土日にしか営業活動をしていないにも関わらず、社会人と同じかそれ以上に成果を上げる組織は、上司や同僚が互いに惜しみなく教え合いスキルやマインドを授受する恵まれた環境です。私は一人で何かすることのほうが好きな人間でしたが、そうやって色んな人と関わる環境にいて、他人とうまく仕事することの大切さが身にしみました。

これから挑戦したい事

役職としては実際に商談に入るクローザーや、アポインターを束ねるチームリーダーになりたいです。今ZEHという商材を新規開拓しているので、それを支部として売れるように確立したいです。

あなたにとってとインターンシップとは

私にとってステップハウスは、営業のインターンという面だけではなく、支部という一つの組織を動かす経験ができる場所です。地に足ついた営業経験や組織運営をしたい方におすすめしたいです。

志望業界と興味のある会社

不動産・金融・カジノIR

ステップハウス, StepHouse

関連記事

No items found.
Loading...